by 風雅堂

お酒エッセイ・目次
ショット・グラスの浪漫
[ 読んで愉しむBar ”Piece of seasons” のお酒エッセイ]
世の中には無数のお酒があり、酒屋でもバーでも、まだまだ飲んでいない物がたくさん。
そんな多種なお酒の中から、インパクトのあった物を厳選して、独断と偏見も交えながら個人的評価・感想を書いてみました。
プロの方やお酒に詳しい方の評価とは違うかもしれませんが、お酒選びの参考にしていただければ幸いです。
読んで愉しんで、味わってまた愉しんで下さい。 

ショット・グラスの浪漫

***** No.1 ハワイ(HAWAII) *****

ショットグラス・ハワイ ショット・グラス : ウイスキー・グラスまたはストレート・グラスとも呼ばれる。 容量はシングル(30ml)とダブル(60ml)の2種類が一般的。
 お酒を飲めるようになった頃から、ウイスキー(20歳台前半はバーボン・ウイスキー)を好んで飲んでいた僕は、洋画のシーンで俳優がショット・グラスに入ったウイスキーを、クッっと一口で飲み干し、グラスをカツッとテーブルに置いていたのを見て、かっこいいと思っていたものでした。
逆に言えば、そんなシーンがかっこ良かったから、ウイスキーに憧れて飲み出したのかも。 (たぶん、こっちが正しい)
だからと言って普段ウイスキーを飲む時は、せいぜいオンザロック。余程美味しいか珍しい物が手に入るとショット・グラスでちびちびやってます。
  そんな頃から旅先などで、自分へのお土産代わりに、素敵なグラスを見つけたら買うようになりました。
素敵と言っても、写真をご覧の通りハワイちっくな絵と「HAWAII」の文字が入っているだけですが・・・。
別に他のグラス、例えばワイン・グラスやタンブラーでも良いのだけれど、ショット・グラスは何しろ小さく、荷物としてかさ張らない。
デザインにしたって、大きなグラスに「HAWAII」よりも小さいグラスの方がかわいい(これはデザインによるかも)。
そして買い易いと言うのが一番でしょうか。
もちろん無地のグラスだって、世の中には高級で良いものがたくさんあるでしょう。
でも高価ではなくても、旅の途中で買ったそのグラスには、様々な思い出が寄り添っています。
  夜のまったりした時間に、そのグラスにウイスキー(今では味覚が変わり、スコッチ・ウイスキーを好むようになった)を注ぎ、それを口に運ぶ時、ウイスキーの香りと共に旅の風景がよみがえってきます。
それが良いツマミとなり、ひと時の余韻に浸りながら小さく満足しています。
それが楽しくて、あともう一杯と続き夜も更けて行くのです。
風雅堂Top初めてご利用の方へ(アフィリエイトについて)お問い合わせLink | サイトマップ
当サイトの画像及び内容は転載・転用禁止です。
Copyright(C) Style-風雅 All Rights Reserved